ニュース

今月と来月に行政相談を開設
  • 2017-10-16(月) 15:14
国の「行政相談制度」を広く知ってもらおうと、今日、和歌山市で相談員が街頭啓発をしました。
この啓発は今日から始まった「行政相談週間」に合わせて、行われたもので、JR和歌山駅前では、和歌山行政評価事務所の職員と、総務大臣から委嘱を受けた行政相談員合わせて10人が、啓発チラシの入ったポケットティッシュを配って行政相談の制度をPRしました。
「行政相談」は、登記や戸籍、年金に関することなど行政全般について、市民から意見や要望を受けてその解決を図るもので、総務省は毎年10月に「行政相談週間」を設けて制度の周知を図っています。
和歌山行政評価事務所では、「暮らしのなんでも相談所」を開設して、弁護士や税理士、司法書士などが相談に応じます。
「暮らしのなんでも相談所」は、今月20日に和歌山市の和歌山ビッグ愛で、午前10時から午後4時まで、今月26日には田辺市の市民総合センターで午後1時から4時まで、そして、来月1日には那智勝浦町役場で午後1時から午後4時まで開設されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る