ニュース

あじわいフェスタ
  • 2017-10-17(火) 14:30
地域で採れる季節の野菜や果物を味わおうというJAわかやまの女性会による「あじわいフェスタ」が今日、和歌山市で開かれ、参加者らは「ハロウィーン」をイメージしたかぼちゃ料理を味わいました。
和歌山市来栖のJAわかやま本店で開かれた、「あじわいフェスタ」は、JAわかやま女性会が、地域で採れる季節の野菜や果物を使って地産地消の良さを伝えようと開いているもので、今回で16回目になります。
今年は、まもなく訪れる「ハロウィーン」にちなみ、中華や和食、デザートなど5つのジャンルでかぼちゃを使った料理を考案しました。考案した料理はお弁当にまとめられ、女性会会員100人と、広報誌などで募集した一般参加者50人が試食しました。
今日、提供された料理には地域に代々伝わる調理法を参考にしたものもあり、JAわかやま女性会の嶋本節子会長は「継承料理をしっかり伝えていきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る