ニュース

大阪の中学校で柿の出前授業
  • 2017-10-18(水) 15:09
JA紀の里が柿の販路を拡大しようと、このほど大阪市の中学校で柿にまつわる出前授業をしました。
この日、大阪市阿倍野区の桃山学院中学校にJA紀の里の中山裕之販売部長が出向き、1年生およそ130人に出前授業をしました。
JA紀の里を中心とした県内の刀根早生柿の生産量は日本一ですが、JA紀の里はさらに販路を拡大しようと、柿にまつわる出前授業などさまざまな取り組みを行っています。
出前授業で中山さんは柿の歴史などに触れたうえ、「柿はビタミンCや葉酸などを多く含む栄養価の高い果物です」「今年の和歌山の柿は大きくおいしく育っています、ぜひ食べてみてください」とPRしていました。
生徒たちは中山さんの軽妙な話に笑いを交えながらもメモをとりながら熱心に耳を傾けていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る