ニュース

ひったくり事件装い窃盗 5人逮捕
  • 2017-11-15(水) 18:59
今年9月、和歌山市の路上でひったくり事件を装い、知人の男性から現金400万円を盗んだとして、大阪市の会社役員の男と京都市の風俗店経営の男ら5人が15日、県警組織犯罪対策課などに窃盗の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、大阪市の会社役員朝田正司容疑者43歳と、京都市の風俗店経営今江淳容疑者35歳、それに、19歳の少年を含む3人の男の合わせて5人です。警察の調べによりますと5人は共謀の上、今年9月15日の午後3時前、和歌山市一番丁の和歌山中央郵便局前の路上で、今江容疑者が、知人で和歌山市内の52歳の男性会社役員から一時的に預かった、現金400万円入りの紙袋を、19歳の少年がひったくって盗んだとして窃盗の疑いがもたれています。今江容疑者は当初、被害者を装って警察に通報し、「現金を何者かにひったくられた」と説明していましたが、その後の捜査で、事件の数時間前、現場周辺の防犯カメラにひったくり犯役の少年と今江容疑者と見られる男2人が一緒にいるのが映っていたことがわかり、警察では共犯の可能性を視野に捜査を続けていました。警察の調べに対し、ひったくり犯役の少年ともう1人は「間違いありません」と犯行を認めているということですが、朝田容疑者と今江容疑者を含む他の3人は「知らない」「やっていない」と供述するなど容疑を否認しているということです。また朝田容疑者と今江容疑者は知人関係で、警察ではどちらが犯行を指示したかや、グループ間での役割分担などについて5人を厳しく追及しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る