ニュース

百貨店バイヤーが商品PRセミナー
  • 2017-11-17(金) 15:57
全国の優れた商品を取り扱っている百貨店の食品担当バイヤーを招き、「百貨店が求めている商品」、「商品PRで必要なポイント」などを学ぶセミナーが今日、和歌山市で開かれました。
このセミナーは、展示会や商談会での県内事業者の成約率向上を目指して、県農林水産部食品流通課が開きました。
会場となった県民文化会館には、県内の食品や流通関係の事業者、およそ30人が集まりました。
セミナーでは、東京の大手百貨店の食品部門担当者が、「百貨店バイヤーが求める商品情報」について説明しました。
現在、百貨店では、地域の産品を「ここにしかない」差別化商品として捉えていて、講師は、他社製品と比較した場合の違い、そして美味しさの科学的な根拠などをバイヤーに明確に伝えることが成約につなげる重要なポイントだと説明しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る