ニュース

初詣で日前宮賑わう
  • 2018-01-01(月) 15:15
県内各地の神社仏閣には、元日の未明から多くの人が初詣に訪れ、このうち、和歌山市秋月の日前宮でも、大勢の参拝客が、今年一年の家内安全などを祈願していました。
紀伊国一之宮と呼ばれる日前宮は、日前神宮と國懸神宮の二つの神社があり、日前神宮には日像鏡を御神体として日前大神が、また、国懸神宮には日矛鏡をご神体として国懸大神が祀られています。元日は屋台が軒を連ねる賑やかな雰囲気の中、訪れた多くの家族連れらが、本殿に向かって静かに手を合わせ、今年一年の家内安全などを祈願していました。参道では、おみくじを引いて運試しをする姿や、厄除けの破魔矢や御守を買い求める姿も見られました。日前宮では、正月三が日でおよそ35万人の人出を見込んでいます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る