ニュース

福笹作り
  • 2018-01-08(月) 18:27
商売繁盛を祈願する明日からの「十日えびす」を前に、和歌山市内のえびす神社では、縁起物の福笹作りの作業に追われています。
和歌山市吉田の東の宮恵比須神社では昨日から、福笹作りが行われていて、今日も、社務所の2階では女性らが商売繁盛の願いを込めて、福笹に鯛や米俵、小判などの飾りを一つ一つ手作業で取り付けていきました。東の宮恵比須神社では、1500円から3万5000円までの8種類、およそ8000本の福笹が用意されます。また、熊手や箕などの縁起物も用意され、東の宮恵比須神社では、明日からの3日間で、およそ8万人の人出を見込んでいるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る