ニュース

教育功労者に感謝状や表彰状
  • 2018-01-10(水) 19:34
和歌山県の教育の振興などに功績のあった個人や団体を称える表彰式が、10日、和歌山市で行われました。
表彰式は和歌山市のホテルで行われました。今年度は、学校医や学校歯科医をはじめ、青少年の健全育成や体育、文化の団体の役員、それに教育委員や教職員ら功績が特に顕著だった31人と1団体が、「県教育功労者」に選ばれ、仁坂知事から感謝状が贈られました。また、功績のあった21人と1団体が「県教育委員会功労賞」に、優れた教育を実践し、成果を上げた教諭ら12人と2校が「きのくに教育賞」や「きのくに教育の匠」に選ばれ、表彰状が贈られました。
式では、県教育委員会の宮下和己教育長が、「これまでの取り組みを発展させ、和歌山県の教育の充実に一層のご尽力をお願いします」と、また、仁坂知事が、「リーダーとして、教育の現場を引っ張っていってください」と受賞者を称えました。これを受け、知事から感謝状を贈られた岩出市立根来小学校の学校医を務める豐田榮一さんやきのくに教育の匠に選ばれた県立新翔高校の西村匡教諭が、「これからもそれぞれの分野で、精一杯、取り組んでいきます」と述べ、決意を新たにしていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る