ニュース

電子化推進 宣言式
  • 2018-01-10(水) 19:41
日高地域1市6町の納税データと御坊税務署がこのほど県内で初めてオンラインで結ばれ、納税者の確定申告の事務処理が早くなります。
御坊市の県日高振興局で10日、「電子化推進・住民サービス向上」宣言式が行われ、日高地域1市6町それぞれの市長や町長、それに、御坊税務署の菊池広士署長らが出席しました。式では、御坊市の柏木征夫市長が、「地方税、国税の電子申告化は、納税者の利便性向上と地方自治体のコスト削減に役立ちます」と宣言しました。
県内の市町村では、確定申告などの納税データは、各管轄税務署に書類で届けられていましたが、日高地域の1市6町で作成されたデータは、そのまま御坊税務署に電子データで届くようになりました。これにより納税者は、従来どおりの手続きのままでも、税務署での確定申告の事務処理が早くなり、医療費控除や年金の還付事務が2週間から3週間程度早くなるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る