ニュース

冬型の気圧配置で県内でも雪
  • 2018-01-11(木) 18:35
近畿地方は、冬型の気圧配置で寒い一日となり県内でも、橋本市など北部の山沿いで雪が見られました。
冬型の気圧配置が続く今日、橋本市では、明け方まで雪が降り、山沿いを中心に雪景色となりました。県内も寒い一日となり今朝の最低気温は、高野町の高野山で氷点下5度8分、古座川町の西川で氷点下2度3分、かつらぎ町でも氷点下1度8分といずれも平年を下回りました。
積雪と路面凍結のため高野町高野山から田辺市龍神村龍神に至る国道371号、高野龍神スカイラインと高野町高野山の国道371号、高野山バイパスが今日午前7時から全面通行止めとなっています。
一方、和歌山市内でも正午頃には雪が舞う厳しい寒さとなりました。明日の和歌山県は、寒気の影響で北部はおおむね曇り南部はおおむね晴れるということですが、和歌山地方気象台では山間部では雪に注意するよう呼びかけています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る