ニュース

近大生物理工学部で産官学交流会
  • 2018-02-09(金) 13:05
共同研究や、商品開発を通じて地域の活性化を目指そうという産官学交流会が、このほど、紀の川市の近畿大学生物理工学部で行われました。
紀の川市の近畿大学生物理工学部で開催された交流会には、県や近隣の民間企業の研究者ら、およそ40人が参加し、まず、近畿大学生物理工学部研究支援・推進センターの木戸啓仁センター長が「交流会を通じて、成長の芽を見つけてください」と挨拶しました。
交流会は、産官学連携や共同研究開始の機会創出を目的に、県の研究施設や県内企業の技術者などを対象に平成23年度から県と近畿大学生物理工学部が開いているもので、7回目のこの日は、食品のデータ解析や遺伝子工学など3つの研究室を見学しました。近畿大学生物理工学部では、地元企業の研究者らを対象に、技術相談を受け付けていて、地域交流センターの仁藤伸昌センター長は「今後も産業や文化の面で地域に関与し、研究の成果を還元していきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る