ニュース

農業体験農園 説明会
  • 2018-02-10(土) 20:07
一般の人が1年を通して農家の人と一緒に農業を楽しむ農業体験農園の説明会が和歌山市で開かれました。
和歌山市栗栖のJAわかやまで開かれた説明会には、家庭菜園や野菜作りに関心をもつ人などおよそ50人が参加しました。農業体験農園は、一般の人が農地を借りて、一年を通して農家の指導を受けながら、農作業を体験し、収穫までを行うというもので、農家が機械や苗など必要なものをそろえます。JAわかやまと和歌山大学が3年前から共同でこの農園に取り組んでいて、今日の説明会では和歌山大学観光学部の藤田武弘学部長が講演しました。藤田学部長は農業体験農園では参加者同士が接して交流するので、地域の活性化にも役立つと述べました。JAわかやまでは、和歌山市新中島の太田ファームと和歌山市梅原の梅原ファームを今年4月から新たに農業体験農園として貸し出すことにしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る