ニュース

デフバスケの監督が県議会を訪問
  • 2018-02-21(水) 19:26
聴覚障害者を対象にしたバスケットボール、デフバスケットボール男子の日本代表監督が、今日、県議会議長を訪れ、支援を呼びかけました。
今日、県議会を訪れたのは紀の川市在住のデフバスケットボール男子の日本代表監督、上田頼飛さんです。デフバスケットボールは、聴覚障害者を対象にしたバスケットボールで、上田監督は、日本代表チームが去年6月の国際大会で優勝した功績などが評価され先月、スポーツ指導者を表彰する「ジャパンコーチズアワード」の優秀コーチ賞を受賞しました。
上田監督は「デフバスケットボールを多くの人に知ってもらい、県内の選手を発掘したい」と支援を呼びかけ、尾崎太郎議長は「少しでも交流の裾野が広がれば」と協力を誓いました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る