ニュース

和歌山市の鉄工所で男性死亡
  • 2018-03-08(木) 19:46
今朝、和歌山市内の鉄工所で男性がクレーンから落下した鉄製の製品の下敷きになり、死亡しました。
死亡したのは、和歌山市平尾にある上野山鉄工の従業員で岩出市曽屋の勝田章一さん52歳です。
和歌山東警察署の調べによりますと勝田さんは、今日午前9時頃、鉄工所内で天井に設置されたクレーンを使って鉄製の製品の積み込み作業を行っていたところ、クレーンから落下した製品の下敷きになり死亡しました。落下した製品は、重さおよそ3トンあり、勝田さんは下半身を挟まれた状態だったということです。
製品の吊り下げと、積込み用のトラックへ移動作業は勝田さん一人で行っていたということで、警察では、当時の状況や事故の原因などについて詳しく調べています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る