ニュース

白良浜で防砂ネット取り外し
  • 2018-03-13(火) 20:17
西日本有数の海水浴場、白浜町の白良浜で13日、冬の季節風から砂を守るために張られていたネットの撤去作業が行われました。
白浜町の白良浜では、朝早くから町観光課の職員が出て、砂浜に張られたネットを外す作業を行いました。白良浜では毎年、季節風が吹き始める11月から砂浜にネットを張って、貴重な真白な砂を風から守っています。職員らは長さ20メートルから30メートルのネットを素早く取り外し、5メートル間隔で打ち込まれた杭を引き抜いていきました。浜にはおよそ20のネットが張られていて、ネットが取り外された白良浜は、白砂広がる春の装いに姿を変えていきました。白良浜海水浴場では、シーズン中、関西方面を中心に毎年およそ60万人が訪れる西日本有数の海水浴場で、今年は7月1日に海開きが行われる予定となっています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る