ニュース

重体の男性 死亡
  • 2018-03-15(木) 13:30
14日、かつらぎ町内の国道で軽ワゴン車にはねられ、意識不明の重体となっていた男性が15日、搬送先の病院で死亡しました。
死亡したのは、かつらぎ町笠田東の無職、西中太一さん76歳です。かつらぎ警察署の調べによりますと西中さんは、昨日午前11時過ぎ、自宅近くの国道24号の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていたところ、軽ワゴン車にはねられたもので、搬送先の病院で治療を受けていましたが、頭を強く打っていて、15日午前5時前に死亡しました。警察では、軽ワゴン車を運転していた、かつらぎ町笠田東の無職、藪本久美子容疑者43歳を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕していて、西中さんが死亡したため、容疑を過失運転致死に切り換えて、調べを進めています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る