ニュース

小学生バレーボール 全国大会に
  • 2018-03-22(木) 14:13
群馬県で今月25日から行われる「全国スポーツ少年団バレーボール交流大会」に、海南市の「STARS」が女子の県代表として出場することになりました。大会に向け、選手たちの練習は熱を帯びています。
海南市下津町の小学生バレーボールチーム「STARS」は、6年生6人、5年生4人をはじめ、6学年22人で活動しています。
チームは、去年8月に開かれた全日本バレーボール小学生大会に2年連続で出場。また、11月に開かれた県の小学生選手権大会を制し、近畿大会で3位に入るなど、公式戦で好成績を挙げてきました。
メンバーをリードするのは、副キャプテンでエースアタッカーの北東柚乃選手とキャプテンでセッターの松島紬希選手です。
創設以来、13年間、土居久起総監督らともに指導にあたる西村崇司監督は、サーブ力やサーブカットの上達が上位進出のためのカギだと話します。
「第15回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会」は群馬県前橋市と渋川市で今月25日から28日まで行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る