ニュース

那智勝浦町長選に立候補を表明
  • 2018-04-16(月) 18:01
那智勝浦町の現職町長が病気を理由に退職するのに伴い、来月15日に告示される町長選挙に、元県職員が今日、立候補することを明らかにしました。
那智勝浦町の町長選挙に立候補を表明したのは、元県東牟婁振興局参事の堀順一郎氏59歳です。
今日、東牟婁振興局で開かれた会見で、堀氏は、町民が主役の町政、「住み続けたい・住んでみたい」まちづくりの町政、対話と信頼の町政に取り組みたいと話しました。
堀氏は、那智勝浦町出身で、県立新宮高校卒業後、国鉄職員を経て、昭和62年4月に県庁職員になり、東牟婁振興局地域振興部長や振興局参事を務め、今月15日付けで退職しています。
那智勝浦町では、去年12月24日に行われた町長選挙で初当選した森崇町長が、肺がんの治療を続けながら町長を続けるのは厳しいとして先月31日付で辞職願を提出し、今月20日付で辞職する事が決まっています。
町長選挙は、5月15日に告示され、20日に投票と開票が行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る