ニュース

車両愛好グループと災害応援協定
  • 2018-04-18(水) 12:17
有田川町は今日、地震や風水害が発生した時に、救援が円滑に実施されるよう、町内の車両愛好グループと災害応援協定を結びました。
協定の調印式は、有田川町役場吉備庁舎で行われ、有田川町の中山正隆町長と、車両愛好グループ、有田川町救援隊の武田誠一隊長が協定書に署名しました。
この協定は地震や風水害など大規模災害が発生し、道路が寸断されるなどの被害が発生した時に、4輪駆動車などの機動力のある車両を所有する有田川町救援隊に被災者支援や災害応急活動の協力を要請します。
協定書には、避難所などへの救援物資や被災者の輸送、被災状況の情報収集などの支援協力が記されています。
有田川町の中山町長は「大災害になればおそらく行政だけでは対応出来ないと思います。皆さん方の好意は非常に強力な応援体制になる」と救援隊に感謝を示しました。
それに対して有田川町救援隊の武田隊長は「有田川町は東西に長く、山間部も多い地域ですが、メンバーは町内に点在しているのですぐに活動出来るようにしたい」と話しました。
有田川町の災害応援協定は今回で34件目になりました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る