ニュース

県道横断中にはねられ重体
  • 2018-05-25(金) 16:36
昨夜、和歌山市の県道で道路を横断しようとした女性が、中央分離帯付近で軽乗用車にはねられ、意識不明の重体になっています。
昨日、午後9時半頃、和歌山市中の県道和歌山阪南線で道路を西から東に歩いて横断しようとした30歳代の女性が、中央分離帯近くで北から南に走ってきた軽乗用車にはねられました。
女性は和歌山市内の病院に救急搬送されましたが、意識不明の重体になっています。
事故現場は、交通量の多い片側2車線の旧国道26号で、和歌山北警察署は女性の身元の確認を急ぐとともに、軽乗用車を運転していた40歳代の男性から事情を聞いて事故の原因などを調べています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る