ニュース

和歌山市交通安全市民大会
  • 2018-05-25(金) 16:44
地域の交通安全活動に功労のあった人を称え交通安全意識を高める和歌山市交通安全市民大会が今日、和歌山市で開かれました。
和歌山市中央コミュニティセンターで開かれた大会には、和歌山市交通事故防止市民運動推進協議会会長の尾花正啓和歌山市長や、和歌山市の交通指導員など関係者およそ200人が出席しました。
交通安全功労表彰の個人の部では中尾茂樹さんはじめ33人が、また、団体の部では小倉地区老人クラブ連合会などあわせて7団体が表彰され尾花市長から表彰状が手渡されました。
また、交通指導員永年勤続表彰では40年間交通指導員を務めた中村泰三さんはじめ26人が表彰されました。
このあと尾花市長が「日頃子ども達を見守るなど様々な活動をされ厚く御礼申し上げます」と出席者をねぎらいました。
そして最後には「市民総ぐるみの交通安全運動を展開し全力をあげて交通事故防止活動を推進する」という大会宣言が採択されました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る