ニュース

示現会和歌山巡回展
  • 2018-06-07(木) 18:28
具象画に取り組む絵画団体、示現会の和歌山巡回展が和歌山市で開かれています。
47回目となる示現会の和歌山巡回展は、和歌山市の県民文化会館の県民ギャラリーで開かれています。示現会は、昭和22年に創立された静物や人物、風景などの具象画に取り組む美術家の団体で、和歌山支部ではおよそ55人が活動しています。会場には今年4月に、東京都の国立新美術館で開催された示現会展に出品された作品61点と和歌山支部の会員の作品40点が展示されています。旅で訪れた外国の風景や国内の風景などを描いた作品などが並んでいて示現会和歌山支部では「肩肘張らずに見てほしい」と話しています。
示現会の和歌山巡回展は、今月11日まで開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る