ニュース

香港の旅行会社社長に県知事表彰
  • 2018-06-07(木) 18:44
海外では唯一の県の観光大使として、観光振興に大きく貢献したとして、今年の県知事表彰に選ばれた香港の旅行会社、EGLツアーズの袁文英社長の講演会が、今日、和歌山市で開かれました。
今日、和歌山市のホテルで、香港の旅行会社、EGLツアーズの袁文英社長に、仁坂知事から表彰状と記念品が贈られました。袁さんは、海外では唯一の県の観光大使として、観光振興に大きく貢献したとして、今年の県知事表彰に選ばれました。袁さんは、「もっと和歌山県をPRできるよう、頑張ります」と更なる協力を誓いました。
このあと、袁さんが、「楽しい観光事業」と題して講演しました。袁さんが観光大使に就任してから5年間で、香港から和歌山県への宿泊者数は安定的に伸びて、去年、過去最高を記録し、市場別のシェアでも1位になるなど、重要な市場に成長しています。袁さんは、誕生日や深夜便利用客へのサービスなど、独自の顧客サービスを紹介しながら、「サービスを提供するタイミングも重要」などと話し、心をつかむおもてなしの極意を伝えました。
和歌山県の外国人宿泊者数は、一昨年、初めて50万人の大台に達し、去年も、ほぼ横ばいの47万5600人余りでした。およそ7割のシェアを占めるアジア市場のうち、香港が、田辺市、那智勝浦町、高野町などで増加して、過去最高を記録し、市場別のシェアで3年ぶりに1位になりました。県では、世界的メディアとの共同キャンペーンや海外プロモーションを展開するとともに、SNSなどを通じて、情報発信に取り組み、引き続き、外国人観光客の誘客を図りたいとしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る