ニュース

古民家で昔ばなしを聞く会
  • 2018-06-10(日) 17:11
和歌山に伝わる昔話を和歌山の方言で語る「古民家で昔ばなしを聞く会」が今日、国の重要文化財に指定されている和歌山市の旧中筋家住宅で開かれました。
和歌山市禰宜の旧中筋家住宅で行われたこのイベントは「おじいさんやおばあさんが炉端で語ってくれたような雰囲気で和歌山に伝わる昔話を楽しんでもらいたい」と、県内の有志で作る「和歌山昔ばなしを語る会」が8年前から年2回開催しています。
16回目の今日は会員4人がかつらぎ町花園の「こんにゃく坊さん」や紀の川市貴志川町の「だんまりくらべ」、和歌山市の「扇之芝のたぬき」などを方言で語ると、訪れた人は昔話の世界を心行くまで楽しんでいるようでした。
初めて参加したという和歌山市の60代の女性は「ほんまの和歌山弁の語りが聞けて、とても楽しかった。次は4人いる孫にも聞かせたいです」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る