ニュース

和歌山市長選挙違反取締本部設置
  • 2018-06-11(月) 14:40
任期満了に伴い7月行われる和歌山市長選挙を前に、県警察本部と、和歌山市を管轄区域とする4つの警察署に11日、選挙違反取締本部が設置されました。
県警察本部の選挙違反取締本部は捜査二課に設置され、職員が入口の脇に取締本部の看板を掲げました。県警では、本部で、宮沢忠孝本部長をはじめ105人、また、和歌山市を管轄区域とする和歌山東、和歌山西、和歌山北と、和歌山市の一部地域を管轄する海南の4つの警察署で合わせて568人の総勢673人体制で、選挙違反の取り締まりにあたります。県警捜査二課によりますと、前回、平成26年の和歌山市長選挙では、供応買収による検挙が1件、文書図画の掲示に関する警告が4件ありました。7月22日に告示、29日に投開票が行われる和歌山市長選挙には、これまでに無所属の現職で、自民、公明、国民民主、連合和歌山が推薦する尾花正啓氏と、無所属の新人で、共産党と新社会党が推薦する島久美子氏が立候補を表明しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る