ニュース

県議会 開会
  • 2018-06-12(火) 19:32
6月定例県議会が12日開会し、県は2億7900万円余りの一般会計補正予算案や条例案など、14議案を提案しました。1
2日開会した6月定例県議会では、まず、県議会議員在職中の今年5月23日に、脳出血のため死去した泉正徳氏に黙祷が捧げられました。続いて、仁坂知事が最近の県政の動きについて説明し、高速道路の延伸をはじめ、政府機関や大学の誘致の取り組みが実を結んだこと、それに、統合型リゾート施設「IR」の誘致を推進していることなどを報告しました。
県はこの6月議会に、今年3月と4月の降雨で発生したがけ崩れの対策工事の費用や、去年10月の台風21号の豪雨の影響で、紀の川市西脇地区で発生した斜面崩落の被災者への損害賠償の費用などを計上した、2億7900万円余りの一般会計補正予算案や条例案に加え、南紀白浜空港の民営化に向け、先月28日付けで基本協定を締結している東京のコンサルティング会社「経営共創基盤」などの企業グループが設立した特別目的会社「株式会社南紀白浜エアポート」に、空港の運営権を譲渡するための議案など14議案を提案しました。
6月定例県議会は、20日から22日にかけてと25日に一般質問が行われ、26日と27日の常任委員会を経て、29日に閉会する予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る