ニュース

社会奉仕団体が献血を呼びかけ
  • 2018-06-17(日) 17:19
夏場に向け血液が不足しがちなこの時期に今日、和歌山市の社会奉仕団体がショッピングセンターで献血を呼びかけました。
献血活動は今日、和歌山市中野のスーパーセンターオークワパームシティ和歌山店で行われ、和歌山市の社会奉仕団体和歌山城南ロータリークラブの会員に加え県赤十字血液センターや近畿大学生物理工学部の学生らが参加しました。和歌山城南ロータリークラブでは平成7年に発生した阪神淡路大震災を契機に血液が不足する毎年6月と11月に献血活動を行っています。県赤十字血液センターによりますと輸血量をできるだけ少人数の血液で賄うほうが患者の副作用を軽減することができるため400ミリリットル献血の需要が高まっているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る