ニュース

日本教育会県支部の総会と記念講演
  • 2018-07-14(土) 17:47
学校教育の正常で健全な発展を目的に設立された公益社団法人日本教育会の県支部総会が、今日、和歌山市で開かれました。
総会には、県教育委員会をはじめ、県内の小中高校や特別支援学校の校長や教頭、PTAの関係者などおよそ120人が出席しました。
総会では、昨年度の事業と決算の報告が行われたあと、今年度の事業計画と予算案が承認されました。
総会のあと、仁坂知事が地方創生をテーマに記念講演をして、対策を講じなければ2060年には、和歌山県の人口は現在のおよそ半分の50万人ほどまで減るという試算を紹介しました。
さらに、一人の高齢者を2人以上の現役世代で支えるためには、2060年に70万人の人口を確保する必要があるとしたうえで、産業や人が東京に一極集中している問題点を指摘しました。
一方、田舎暮らしを希望する人の割合が近年増え続けていると説明し、そうした人を和歌山に受け入れることが重要として高速道路などのインフラ整備の推進や企業誘致などの取り組みを紹介しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る