ニュース

広川町日本遺産推進協議会設立総会
  • 2018-07-15(日) 18:47
広川町の防災遺産のストーリー「百世の安堵」が5月、日本遺産に認定されたことを受け、町のブランド化や観光振興を通じた活性化を図ろうと、広川町や関係団体などによる協議会がこのほど、広川町で設立されました。
「日本遺産推進協議会」の設立総会は広川町役場で開かれまず、広川町の西岡利記町長が「日本遺産を活かし広川町をどんどんアピールしていきたい」と挨拶しました。続いて、西岡町長から商工会などから選ばれた委員19人に委嘱書が手渡されました。協議会は、日本遺産認定を契機として広川町の防災文化を国内外に発信し、観光振興を通じた町の活性化を図ろうと設立されたものです。協議会では、今年度、文化庁から交付される補助金を活用しPRホームページの制作やパンフレットの作成をはじめ、シンポジウムを広川町と東京で開催することにしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る