ニュース

手作り楽器の体験学習と音楽会
  • 2018-08-09(木) 12:41
田辺市でこのほど、親子で楽器をつくり音楽を楽しむ催し「手作り楽器の体験学習と音楽会」が開かれました。
田辺市新庄町の県立情報交流センター「Big・U」で行われたこの催しは、楽器作りなどを通して子供たちに音楽を身近に感じてもらおうと、東京に本部を置く一般財団法人「民主音楽協会」の関西センターが開きました。会場にはおよそ120人の親子連れらが参加し、若手音楽家の廣政志さんらの指導で、真鍮のパイプを使った楽器の「チャイム」づくりにチャレンジしました。楽器は縦22センチ、横7センチの木の箱に、長さ16センチから20センチの大小3本の真鍮のパイプを組み合わせて糸で固定したシンプルなものですが、パイプを糸で連結していくのが難しく、子供たちは母親らの手助けで仕上げ、歓声をあげていました。
この後の音楽会では、国内外で活躍する若手演奏家5人が、クラシックやアニメソングなどを演奏した他、参加者全員が手作りの楽器を手に、「THE BOOM」の「風になりたい」を演奏し、楽しいひと時を満喫していました。
民主音楽協会関西センターの阿南仁副部長は「楽器づくりを通して音楽に親しみ、親子の絆が深まることを期待したい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る