ニュース

「大塔地球元気村」
  • 2018-08-11(土) 16:02
自然を軸に地域づくりや人づくり活動を行う「大塔地球元気村」が今日、田辺市で行われたくさんの家族連れなどが参加しました。
この催しは「人と自然との理想調和社会」を目指し、自治体と共に取り組んでいるNPO法人「地球元気村」が全国展開の一つとして旧大塔村で始めたもので、田辺市との合併後も引き継がれ今年で27回目を数えます。
今回は木工教室や川遊びなどの体験教室やステージイベントなど数多くのメニューが用意されました。
田辺市大塔行政局隣の市立大塔総合文化会館では木工教室が行われ、田辺市と周辺の地域から午前と午後あわせておよそ60組の親子が参加し、紀州材の杉を使って風車の貯金箱とドールハウスを作りました。
貯金箱は高さおよそ25センチの三段重ねで、接着剤で部品をひとつひとつ張り合わせました。
また、ドールハウスは建物の支柱の組み合わせから屋根の板張りまで、手の込んだ根気のいる作業が続き、親子が協力して工作をして楽しみながら絆を深めていました。
大塔地球元気村ではこのあと、田辺市鮎川でよさこい踊りパレードや花火大会が行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る