ニュース

盆の入り 墓参り
  • 2018-08-13(月) 12:00
盆の入りの今日、和歌山市の共同墓地には、朝から大勢の人が墓参りに訪れ、先祖の霊を慰めていました。
和歌山市今福の今福霊園は、大正7年に、今福共同墓地として開設されました。
今日は朝早くから、花や線香を持った人が霊園を訪れ、汗だくになりながら墓の周りの雑草を取ったり、墓石を磨くなど掃除をした後、花を供え、線香を焚き、静かに手を合わせて、亡くなった人たちの霊を慰めていました。
海南市から来た家族は、「これだけ暑いのは初めて」と吹き出す汗をぬぐいながら、先祖の霊に手を合わせていました。
霊園の管理事務所は、今月27日まで、車が出入りできる2か所の門を24時間開けていますが、熱中症にならないよう、できるだけ涼しい時間帯のお参りをすすめています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る