ニュース

女性作家2人の個展
  • 2018-08-14(火) 19:05
絵画や空間演出の作品を楽しめる和歌山市在住の女性作家2人の個展が、今日から、和歌山市で始まりました。
今日から和歌山市満屋のギャラリー&カフェ「アクア」で展示が始まったのは、ギャラリーが去年11月に開いたコンペ形式の作品展「スクエア展」で、有望な若手作家を選ぶ「金の卵賞」を受賞したいずれも和歌山市在住の道上恵美さんと小野明日香さんの作品です。このうち、道上さんは、去年の全国公募展「二科展」で、新人奨励賞を受賞していて、個展では、受賞作品など、苔をモチーフに生命の循環を描いた油彩画やアクリル画、13点が展示されています。そして、小野さんの個展では、架空の部屋をモチーフに絵画や装飾品を用いて、空間を演出した「幸せの王国」と題した作品が展開されています。
アクアでは「違う雰囲気の作品を1度に楽しめる機会。作品を見てもらうことで、お互いを高めあう場になれば」と話しています。この道上恵美さんと小野明日香さんの個展は、和歌山市満屋のギャラリー&カフェ「アクア」で、今月19日まで開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る