ニュース

全国大会への出場を報告
  • 2018-08-14(火) 19:53
近畿大会で入賞し全国大会へ出場することが決まった和歌山市の市立東中学校のバレーボール部の女子選手と市立紀之川中学校のサッカー部の選手が今日、和歌山市役所を訪れ、尾花正啓市長に大会での健闘を誓いました。
和歌山市役所の庁議室では今日、出場報告会が行われました。市立東中学校の女子バレーボール部は今月4日と5日に大阪市で開かれた近畿大会で3位入賞を果たし今月21日から島根県で開催される「第48回全国中学校バレーボール選手権大会」へ県代表として出場します。尾花市長は、「参加36チームの頂点に立てるよう頑張ってください」と激励しました。初戦は今月22日、福井県代表の福井市立福井市至民中学校と対戦します。
また、市立紀之川中学校のサッカー部も今月6日から8日にかけて大阪府堺市で開かれた近畿大会で3位入賞を果たし、今月18日から鳥取県で開かれる「第49回全国中学校サッカー大会」に県代表として出場します。選手に対し尾花市長は「体調に留意して今までの努力を発揮してください」と激励しました。紀之川中学校のサッカー部は今月19日、山口県代表の高川学園中学校と対戦します。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る