ニュース

夏休みエネルギー教室
  • 2018-08-18(土) 18:46
白浜町の白浜エネルギーランドで、子どもたちに電力やエネルギーについて考えてもらう「夏休みエネルギー教室」が、このほど開かれました。
この教室は、白浜エネルギーランドが、県内で子どもを中心に環境学習を展開しているNPO和歌山環境ネットワークとともに開催しました。教室では、冷たい水が入ったペットボトルに空気を入れて雲を作る実験や、手回し発電でラジオを鳴らしたり、太陽熱でポップコーンを作ったりするなど、体験を通じてエネルギーを学びました。また、電気製品の消費電力などのクイズが行われ、参加した子どもたちは「電気をつくることエネルギーについて勉強できました」などと話していました。
白浜エネルギーランドでは、夏休み期間中に、火おこし、あぶり出し体験など、科学や実験を通じて学ぶイベントが繰り広げられます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る