ニュース

紀の国トレイナート 開幕
  • 2018-08-18(土) 19:24
JR紀勢線の御坊市から新宮市までの区間で、アートに彩られた駅舎や街並みを列車で巡る催し「紀の国トレイナート」が、18日から始まりました。
田辺市のJR紀伊田辺駅で行われた開幕式では、主催者を代表して、紀の国トレイナート実行委員会の廣本直子実行委員長が「一人でも多くの人に参加して頂き、来年へと繋げていきたい」と挨拶しました。また田辺市の真砂充敏市長は「玄関口となるそれぞれの駅舎から利用者に町の紹介をしてもらえるよう期待したい」と挨拶しました。この後、JR西日本和歌山支社の伊藤義彦支社長が14カ所の駅を担当するそれぞれのアーティストを駅長に任命し、一人一人に駅長の帽子を渡しました。
紀の国トレイナートは、トレインとアートを組み合わせた名称で、紀伊半島の海岸線に点在するJR紀勢線の駅舎をアートで彩り、地域の人達との交流を深めようと、紀の国トレイナート実行委員会が5年前から行っています。今回は新たな取り組みとして、催し期間中の毎週末に、決まった駅で下車し、アーティストや地域の人達と一緒に街並みを散策する「ローカルダイブ」が行われます。また、最終日となる9月24日には近く取り壊される紀伊田辺駅でのジャズコンサートや、地元の県立神島高校の生徒の「駅と人に出逢う旅」をテーマにした写真展が開かれるなど、期間中、様々な催しが予定されています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る