ニュース

「安倍晋三総裁を励ます会」
  • 2018-09-14(金) 21:06
自民党総裁選挙に立候補している安倍晋三総理が、今夜、和歌山市で第2次安倍内閣の実績をアピールしながら再選への決意を述べました。
和歌山市のホテルで開かれた「安倍晋三総裁を励ます会」は、自民党の県選出国会議員5人が主催したものでおよそ600人が集まりました。
安倍総理は、「6年間、自民党総裁として全力を尽くしてきた。その間、様々な批判もあったが今後自らを省みて、改めるべき点は改めながら謙虚に丁寧に政権運営を行っていきたい」と再選への決意を示しました。
また日本とロシアの外交問題については「まずは領土問題を解決し、平和条約を締結していきたい。その為に培った信頼関係の上に交渉を着実に前へ進めていく」と述べました。
さらに憲法改正については、「憲法に日本の平和と独立を守っていくという事、そして自衛隊を明記して私たちの責任を果たしていく決意です」と憲法に自衛隊を明記する必要性を強調しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る