ニュース

豪州に向け県産柿全国初出荷
  • 2018-10-11(木) 18:34
オーストラリアへの柿の輸出が、今年1月に解禁されてから、全国で初めて和歌山県産の柿が11日、オーストラリアに向けて出荷されました。
橋本市高野口町のJA紀北かわかみ本店では初出荷を祝う式典が行われ、宮崎卓郎代表理事組合長が「日本の柿は、世界でもトップレベルだと思います。オーストラリアは季節が日本と逆で、柿の消費は大いに期待できると確信しています」と挨拶しました。今回、出荷されたのは、JA紀北かわかみが管理する九度山町内の畑で、今月5日に収穫された「刀根早生柿」75ケース、600キロです。関係者が見守る中、トラックに積み込まれた柿はオーストラリアへと出発しました。
この柿、来月23日から25日にかけて、シドニーのアジア系スーパーマーケット5店舗で販売されるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る