ニュース

和歌山盲学校でオープンスクール
  • 2018-10-12(金) 17:54
和歌山市の県立和歌山盲学校にあるあん摩やはり、きゅうを専門的に学ぶ職業教育の課程「理療科」のオープンスクールが、今日、開かれました。
和歌山市府中の県立和歌山盲学校では、理療科の教育について、理解を深めてもらおうと、入学希望者とその家族を対象にしたオープンスクールを毎年開いています。和歌山盲学校には、あん摩マッサージ指圧師やはり師、きゅう師になるための専門的な学習ができる職業教育の課程「理療科」があり、3年間の課程を修了すると、国家試験の受験資格が得られます。全く見えないという人だけでなく、見えにくい人も入学していて、必要に応じて、拡大読書器や録音再生機を使用して、学習できるということです。
今日のオープンスクールで、参加者は、授業を見学、体験したほか入学試験や視覚補助具の使い方などについて、質問していました。和歌山盲学校では、「成人の視覚障害者の職業的な自立を支援するとともに、視覚についての様々な困りごとの相談にも応じたい」と話しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る