ニュース

台風の農林水産業被害は64億円
  • 2018-10-12(金) 18:22
台風21号による農林水産業の被害が、64億円余りにのぼることが県のまとめでわかりました。
県の最終の報告によりますと、台風21号による農林水産業の被害は、およそ64億800万円で、農作物などの被害が最も大きく、46億3800万円余りと、データのある過去10年間で最も大きい被害になりました。このうち、紀の川市やかつらぎ町などでは、平核無柿の枝が折れたり、実が落ちたりして、11億1100万円余り、有田川町や有田市などでは、みかんの木が倒れたり、実が落ちたりして、9億3200万円余りの被害が出ています。
また、林業関係で、11億5900万円余りの被害が出たほか、水産関係で3億1200万円余り、農地や農業用施設で1億7400万円、畜産関係で1億2400万円余りの被害です。
なお、台風24号では、今月10日現在で、2億4300万円余りの被害が出ています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る