ニュース

石田総務大臣 時局講演会
  • 2018-10-13(土) 20:28
第4次安倍改造内閣で総務大臣に就任した石田真敏代議士が今日、就任後、初めて和歌山に戻り総務大臣として地方の課題に取り組む方針などを示しました。
今日、和歌山市のホテルで石田真敏総務大臣の大臣就任後、初めての時局講演会が開催され、多くの支持者らが集まりました。
石田総務大臣は今月2日の第4次安倍改造内閣で初めて入閣し、マイナンバーカードを推進する内閣府特命担当大臣を兼務する総務大臣に就任しました。
今日の講演会で石田総務大臣は「地方の課題に対応するのは総務省」と述べました。その上で災害への対応や働く場所の確保、それに、人口減少など地方の課題を挙げながら「これら地方の課題の対応にいち早く取り組んでいきたい」と方針を示しました。また、石田総務大臣はマイナンバーカードを推進する特命大臣も兼務しているため講演会の最後にはマイナンバーカードの申請も勧めていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る