ニュース

春日神社秋祭りで奉納芝居
  • 2018-10-19(金) 14:02
上富田町市ノ瀬の春日神社でこのほど秋祭りが行われ、地元の人たちが芝居を演じ奉納しました。
春日神社の境内には芝居小屋があり、「奉納芝居」は江戸時代から祭りの娯楽として演じられてきました。
「奉納芝居」は一時途絶えていましたが、60年あまり前に復活して今は、「祭典芝居実行委員会」が伝統を継承しています。
今年も、小学生から50歳代までのおよそ30人が9月中旬から練習を重ね、2日間に渡り芝居を演じました。
この日は中学生二人が三番双を演じた後、少しとぼけた父親とちゃっかりした子どものやりとりが笑いを誘う落語の演目「初天神」がユーモラスに演じられると境内は笑いと拍手に包まれていました。
訪れた人は「毎年、芝居を見ることを楽しみにしています。これから先もずっと続いてほしい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る