ニュース

キッズ探偵団
  • 2018-10-21(日) 18:30
イベントの開催やキッズ新聞の発行などに子どもたちが協力して取組むプログラム「キッズ探偵団」の発表会が今日、和歌山市の和歌山市民会館で開かれました。
和歌山市民会館では、子どもたちに相互理解や自己肯定感の重要性を学んでもらおうと和歌山の文化や謎をテーマに子どもたちが協力して取り組むプログラム「キッズ探偵団」を平成26年から実施しています。今年の「キッズ探偵団」には和歌山市内の小学3年生から6年生の児童16人が参加、和歌山に伝わる妖怪の人気投票を実施し今日はその集計結果を発表しました。子どもたちは今年7月下旬から、愛知県の岡崎女子大学でコミュニケーション演習を教える岡本伸子さんらを講師に迎え、妖怪の選抜メンバー選びや広報について会議を重ねていて結果を、来月下旬に発行する「キッズ新聞」に掲載します。
キッズ新聞は和歌山市内のコミュニティセンターなどで配布される予定で、岡本さんは、「子どもたちには自分が動いたことで人が喜ぶことを感じてほしい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る