ニュース

県知事選挙の受け付けリハーサル
  • 2018-11-07(水) 19:13
任期満了に伴う県知事選挙の告示を明日に控え、県選挙管理委員会は、今日、県庁で立候補の受け付けのリハーサルを行いました。
リハーサルは、立候補の受け付け場所となる和歌山市の県庁北別館2階の大会議室で行われ、受け付け業務を担当する県選挙管理委員会事務局の職員らが参加しました。リハーサルでは、立候補者に扮した職員が、本番と同様に届け出順を決めるくじを引いて、必要な書類を提出しました。これを受け、受け付けの職員が、街頭演説用の「のぼり」や運動員用の腕章、街宣車に取り付ける表示板などのいわゆる「選挙の七つ道具」を交付するなど、一連の手順を確認しました。知事選の立候補の受け付けは、あす午前8時30分から午後5時まで、県庁北別館2階の大会議室で行われます。
あす告示、今月25日に投開票される任期満了に伴う県知事選挙には、これまでに、4選をめざす無所属の現職で、自民、公明、国民民主、社民党の各県組織から推薦を得ている仁坂吉伸氏と市民団体の事務局長で、共産党が推薦する無所属の新人、畑中正好氏が立候補を表明しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る