ニュース

和歌山市 定例市議会開会
  • 2018-12-03(月) 14:26
和歌山市議会12月定例会が今日、開会し、和歌山市は9億4700万円余りの一般会計補正予算案や条例改正案などあわせて12議案を提案しました。
今日、開会した和歌山市議会12月定例会でははじめに、尾花正啓市長が招集の挨拶を行い「大阪で万国博覧会開催が決まりました。
これは和歌山市にも大きな経済効果をもたらします」と万博への期待感を示すとともに、審議への協力を求めました。
12月定例会に提案された一般会計補正予算案はあわせておよそ9億4700万円で、和歌山市梶取の総持寺の市指定の文化財の修復など台風被害の復旧費およそ3億8500万円や、新しい市民会館、市民交流センターの整備工事請負費およそ4億9700万円などが計上されています。
さらに、職員の給与条例などの一部を改正する条例改正案などが盛り込まれ、今議会にはあわせて12議案が提案されました。
和歌山市議会の12月定例会は一般質問、常任委員会を経て今月21日に閉会します。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る