ニュース

人権週間で街頭啓発
  • 2018-12-04(火) 19:03
「人権週間」が始まった今日、和歌山市のJR和歌山駅では、人権問題への理解を呼び開ける街頭啓発活動が行われました。
法務省などでは「世界人権宣言」が採択された日である国連が定めた12月10日の「人権デー」を最終日とする1週間を「人権週間」と定めています。今日、和歌山市のJR和歌山駅では和歌山地方法務局や、県、県人権啓発センターの職員など30人余りが、通勤や通学で駅を利用する人たちに相談窓口などが記載された啓発チラシ入りのポケットティッシュを配って人権問題への理解を呼びかけました。
人権週間は、今日から今月10日までで、期間中は「みんなで築こう人権の世紀」をスローガンに、各地で様々な啓発イベントが展開されます。今月9日には田辺市のガーデンホテルハナヨで「人権のつどい」が開かれ、全国中学生人権作文コンテストの表彰式や作文朗読、講演会などが行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る