ニュース

年末年始特別警戒 街頭啓発
  • 2018-12-05(水) 16:07
県警の年末年始特別警戒の期間中の今日、和歌山市で中学生らが参加して、防犯や非行防止を呼びかける街頭啓発が行われました。
今日、和歌山市のJR和歌山駅前で行われた街頭啓発には、和歌山東警察署の警察官や少年補導員らをはじめ、管内の中学校9校の生徒およそ30人も参加しました。
事件や事故が増加傾向にある年末年始を控え、県警は今月1日から来月10日まで、年末年始特別警戒を実施し、自転車の盗難や万引き、特殊詐欺被害の防止、それに、飲酒運転や交通事故などの警戒を強化しています。
また、中学生や高校生の非行の増加が懸念される冬休みを前に、非行を防止するとともに防犯意識を高めてもらおうと、同世代の中学生も参加して、街頭啓発が繰り広げられました。
中学生は、「鍵かけを徹底しましょう」や「万引きは犯罪です」「詐欺被害に注意しましょう」などと通行人に声をかけながら、防犯や非行防止を呼びかけました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る