ニュース

子どもたちが餅つきを体験
  • 2018-12-06(木) 16:44
子どもたちに日本の伝統文化に触れてもらおうと今日、岩出市の幼稚園で、餅つきが行われました。
餅つきは、今日、岩出市相谷のおのみなと紀泉台幼稚園で行われ、園児とその保護者らおよそ250人が参加しました。これは、昔ながらの杵と臼を使った日本の伝統的な餅つきを体験してもらおうと毎年、行われているものです。さらに、地産地消についても学んでもらおうと使用された30キロのもち米は、すべて県内産です。
子どもたちは、保護者に手伝ってもらいながら子ども用の小さな杵を使って一生懸命もち米をついていきました。ついた餅は、すぐに丸められ、子どもたちは、用意されたきな粉を出来立ての餅にたっぷり付けて、おいしそうに頬張っていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る