ニュース

緑花センターで冬の洋ラン展
  • 2018-12-07(金) 14:48
岩出市の県植物公園緑花センターで、毎年恒例の洋ラン展が今日から始まり、色鮮やかな花々が来場者を出迎えています。
「和歌山洋ラン協会」は、毎年春と冬にメンバーが丹精込めて育てた洋ランを緑花センターに持ち寄り展示会を開いています。
今回も、色鮮やかで大きさも様々な洋ランおよそ150鉢が展示され、甘い香りで来場者を楽しませています。
冬場は、比較的花びらが大きなカトレア系の品種が多く、ここ数年は、特にサーモンピンク系の花を咲かすものが人気だということです。
洋ランの栽培は、気軽にはじめられる趣味として近年、人気を集めているといい、余剰株の販売や協会のメンバーによる栽培相談なども行われています。
「冬の洋ラン展」は、今月10日まで岩出市の県植物公園緑花センターで開かれます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る