ニュース

自民党県連 年賀会
  • 2019-01-05(土) 14:09
自民党県連の年賀会が、今日、和歌山市で開かれ、今年夏の参議院議員選挙のほか、県議会議員選挙をはじめとした4月の統一地方選挙の必勝に向けて、一丸となって取り組むことを確認しました。
今日、和歌山市のホテルで開かれた自民党県連の年賀会には、県連会長を務める自民党の二階俊博幹事長や石田真敏総務大臣をはじめ、党所属の国会議員や地方議員、それに、多くの支持者らが出席しました。
今年は、夏の参議院議員選挙や4月の統一地方選挙が予定されていることから、二階県連会長は、「自民党県連ここにありといえる意気込みで取り組み、それぞれの候補者を当選させたい」と述べ、支援を求めました。また、参院選和歌山選挙区から、5選をめざし立候補を予定している現職の世耕弘成経済産業大臣が、選挙に向けての決意を述べ、「選挙に勝たせていただきたい」と支持を呼びかけました。さらに、稲田朋美元防衛大臣が講演し、憲法改正に向け、理解を求めました。
このほか、今日は、4月に統一地方選挙として行われる県議会議員選挙をはじめ、和歌山市と橋本市、新宮市の市議会議員選挙に立候補を予定している公認候補と推薦候補39人と、今月13日に告示、20日に投票が行われる御坊市議会議員選挙に立候補を予定している3人の公認候補が紹介されました。最後に乾杯して、選挙の必勝に向けて、一丸となって取り組むことを確認しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る